0001.png

新着情報

NEW!2020年6月4日

新型コロナウイルス感染拡大に伴う鯱レレ万博2020年開催についてのお知らせ

 

今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、
感染拡大により生活に影響を受けられている皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

名古屋ウクレレフェスティバル実行委員会は、鯱レレ万博2020(2020年9月21日)オアシス21銀河の広場での開催中止を決断いたしましたことをお知らせいたします。
 

出演、出店をご予定くださっていた関係者の皆さまへは改めまして、順次、個別に連絡を申し上げます。

これまでは状況が少しでも好転することを信じ、また開催を望んでくださる皆さまのお声を拠り所に前向きに準備を進め、でき得る対策を施した上で9月21日開催を目標としておりましたが、およそ3ヶ月前のタイミングといたしましては、開催有無の決断をする時期と考えここに発表させていただきます。

愛知県内では感染者数が減少しておりますが、未だ日本国内においては油断のならない状況となっております。ご参加、ご来場の皆様に安心してイベントに参加していただくためには、今回は断念せざるを得ないと判断いたしました。

 

なお、すでにお申し込みいただい方に発表の場を提供できればと考えており、現在同月内に別場所で検討しておりますので、進展がありましたらご連絡させていただきます。

 

皆さまにおかれましても、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

世の中が一日も早く平穏な日常を取り戻せますように…
 

皆さま、どうかくれぐれもご自愛くださいませ。

 

名古屋ウクレレフェスティバル実行委員会 一同

鯱レレ万博とは

鯱しゃち名古屋を象徴する

レレウクレレ

万博世界共通の音楽≒人との触れ合い・心の共有

 

なぜ、いま「ウクレレ」なのか?
全国各地生涯学習、カルチャーセンターにウクレレ教室があり、弦が4本のため指の力がなくとも弾きやすい楽器です。

指をうごかす行為と、木製の楽器は共鳴する、とても心と体に優しい楽器と言えます。
 

ピアノのように高価な楽器を購入せず、音楽を学ぶことができるので社会教育の一環としてもウクレレ音楽を取り入れている学校、サークル、施設も増えています。
 

ウクレレ音楽はいまやハワイアンだけではなく、ジェイクシマブクロを代表するようにポップス、レゲエ、ブルース、童謡など、万国共通のジャンルを弾くことが主流です。
まさに、
音楽の「万博」です!

​出店・広告募集

タイムテーブル

​ご後援

ZIP.png

​特別協賛

shachibus.jpg

Copyright 鯱レレ万博2020 All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon