出演アーティスト

ARTIST

 
 

Special Guest

デイジー☆どぶゆき

シンガー・ソングライター、ウクレレインストラクター〜手描きイラスト描き。
elli SMILE MOON BANDウクレレ担当、エコモマイ正式サポートメンバー。

 

第4回ジ・ウクレレコンテストに於いてオリジナル曲「流星群の夜」が大賞を受賞。また、代表曲「レレハッピーデイ」はサザン関口和之氏による子どもたちのためのウクレレ企画〜ケイキウクレレ・オブ・ジャパン初年度の課題曲に起用され、今でも多くの愛好家に親しまれている。

 

東日本大震災以降はウクレレと音楽を通じた東北応援活動に携わり、多くの企画に参加。ウクレレを片手に全国各地でイベント参加・W.S.・LIVE活動を展開中。演劇舞台出身の経験を活かした手法で演出するワンマンLIVE公演が好評!

 

2019年11月、初のベストアルバムをリリース。
2020年10月、通算11作目となるソロアルバム「カイロセイ」発表。
2021年2月、東北のかりんとう屋さんを応援する唄「ココロうずまき」シングルCD発表。

♪デイジー☆どぶゆきblog…
https://blog.goo.ne.jp/dobu7

 
Juke OkaYoshi

ギタリスト、ウクレリスト、シンガーソングライターとして中部エリアをメインに活動する音楽家。ナゴヤ・ポップアップアーティスト。
 

多彩なアプローチでメジャーアーティストとの共演も多数。国内外で数多くのライブイベントに参加している。
Jukeミュージックスクール主催。
東海三県を中心に音楽教室を展開し、音楽講師として後進の育成にも力を注いでいる。

 

国内屈指のウクレレ・コンペティション「ジ・ウクレレコンテスト」2007および2013ファイナリスト。

Nagoya Pop Up Artist(名古屋市認定アーティスト)。

 

オフィス ビアズワン代表。
サウンドプロデューサーとしてCMや各種音源制作、イベント企画を手がける。FMラジオ(FM愛知、MID-FM 等)の番組パーソナリティーとしても活躍。

◉公式サイト

http://www.juke-okayoshi.com/

Ian Shiroma

出身はハワイ・オアフ島、現在は愛知県岡崎市に在住。ホノルルのワイパフで産まれる。幼い頃から音楽に目覚め、10歳の時に演奏を学びはじめる。

ロックからレゲエまで様々なスタイルの音楽を経てハワイアンに行き着く。

22歳の時にカカアコ海岸から、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタート。1997年に ”バックヤード・パアイナ” バンドを結成。

2001年”バックヤード・パアイナ”はアラモアナ・センターにある”マイタイバー”での レギュラー出演という大きな飛躍をする。

その後、ロック・カバー・バンドとして 有名な”サムズ・ガーデン”に加入。ロックは彼をアツくしたが、心にはいつもハワイアン・ミュージックがあった。

2008年、イアン・シロマはオアフ島を離れ 愛知県岡崎市に移住。
セカンドアルバム(日本デビューアルバム) “ボーン・オブ・ソング" 発売。

ハワイのグラミー賞とも言われるNa Hoku Hanohano AwardのINTERNATIONAL RECOGNITION ALBUM OF THE YEAR部門に、"Born Of Song"がファイナリストとなる。

 

◉公式サイト

http://ianshiroma.com/

 
アキラ☆

愛知県出身
 

〜ウクレレが紡ぎ出す癒しの音楽〜

 

第8回ジ ウクレレコンテストファイナリスト
ナゴヤ ポップアップ アーティスト

 

パワフルでキレのあるストラミングと同時に繊細な表現力を持ち、
名古屋を中心にウクレレの素晴らしさを発信中。


2010年、ジェイク・シマブクロ自身が選ぶJapan Tourに伴う「MIDORIコンテスト」に応募し、合格する。
2015年「ジ・ウクレレコンテスト」ファイナリスト

名古屋を中心にウクレレ演奏活動、ウクレレ講師として活動中。

 
SHIGE

2011年 ソロウクレレプレイヤーとして第6回ジ・ウクレレコンテスト関西予選大会にて審査員特別賞を受賞。
 

三重県代表ソロウクレレプレイヤーとして数々のイベントに参加すると同時に、ハワイアンウクレレシンガー、ハワイアンバンド〈クーリア〉のリーダーとして、また、三重県各地のウクレレインストラクターとしても活動する。

 
川崎 向陽

愛知県出身の中学生ウクレレプレイヤー。 

小学校2年生の時に、頂いたカタログギフトに載っていたウクレレに興味が湧き注文、そこで初めてウクレレを手にする。 初めは簡単なコード弾きで弾いていたが、YouTube動画のジェイクシマブクロのソロ演奏を見て衝撃を受けジェイクシマブクロのカバーを練習、そこからウクレレ、音楽の魅力に次第に取りつかれていく。 

小学校4年生の時、鯱レレの舞台で初めての演奏をしてその実力が認められ、活動の場が広がる。 

現在ハワイのカニレアウクレレのエンドースアーティストとなり活動中。 

 

【受賞歴】 

2020年 ウクレレパフォーマンスコンテスト インストソロ部門 MVPベストパフォーマンス賞とテクニック賞の2冠受賞

2020年 国際大会 Thailand Internationai Ukulele Contest 2位 受賞

2021年 ウクレレコンテスト 4ALL インスト部門 テクニック賞 受賞

2022年 国際大会 The Internationai Ukulele Contest ソロ部門 2位 受賞